ズバット車買取比較

2018年08月23日

車を売る時の一般的な3つの方法

car-159640_640.png

一般的に車を売る方法は下の3つになります。

ディーラーで下取りしてもらう…新しく車を購入する場合に、今まで乗っていた車をディーラーに買い取ってもらう

中古車買取店での買取ってもらう…中古車買取業者に、査定・見積りを依頼し、査定額を出してもらい納得できれば買い取ってもらう

個人売買・オークション代行に売ってもらう…業者などを直接通さずに直接車を買取してもらう


高く売りたいなら買取業者への直接売却か一括査定

車を高く買取ってもらうためなら、車の買取に特化した買取業者か、買取業者を複数紹介してくれる一括査定がオススメです。


ディーラー下取りは買取価格が低めに設定されやすいです。

その理由は、ディーラーはあくまでも新車を売ることが商売であり、下取りは新車を売るためのサービスのひとつに過ぎません。



一方で車の買取業者の場合は、車を買い取ることが商売ですから、下取りよりも高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

よほど古い車でなけれクルマ買取業者に査定を依頼しましょう。

車の持ち込みが面倒であれば、車の一括査定が便利です。

一度の申し込みで複数業者へ依頼できるので、1回1回車買取業者へ連絡する手間を大幅に軽減することができます。

おすすめのサイトはこちら



posted by hamaちゃん at 23:11| 車買取 専門店 ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

車買取 査定 メール

車買取の査定を申し込むと業者から電話がたくさん掛かってきます。でもその電話は、査定に行く日程を決めるだけなので、そこで何かを売られたりするわけではありません。

でも、仕事が忙しい人とか電話が苦手な方も中にはいると思います。


そこで、電話を100%なしにはできないのですが、連絡をメールでしてもらえるように依頼するコツをお伝えしたいと思います。

カーセンサーの場合

例えば、カーセンサーの車査定サイトだと、お客様情報を記入する項目の下の所に任意項目があります。

画像の赤で囲んでいるところです

お客様情報入力1.jpg

そこにある「連絡希望時間帯」の箇所に「メール連絡のみ希望」といった内容を書いておきます。

お客様情報任意項目2-2.jpg

中には、メールでの対応はしていない業者もありますから、メール対応業者か確認しておきます。

サービスの項目の所に「メールOK」があれば、メール対応している業者です。

車査定ネットカーチス1.jpg

これで依頼すれば、一応は「メールで連絡お願いします」という要望を出したことになります。

メールはしっかり見ているのか?こちらの要望に対してどういった対応をしてくれるのか?といったところも査定額以外の業者選びの判断材料にされるといいかもしれませんよ。


カーセンサー.net簡単ネット査定



ラベル:査定 車買取り
posted by hamaちゃん at 10:42| 車買取 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

車買取 自動車税

自動車税は、車の排気量によって決められています。

自家用乗用車1,000〜1,500cc以下で年額34,500円、1,500〜2,000cc以下で39,500円になります。

軽自動車税は、現在は一律7,200円となっています。ただし、平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた軽四輪車は、新税率が適用され、10,800円になります。

自動車税と軽自動車税は、「4月1日時点」の所有者に1年分の納税義務が発生します。

ですから、名義変更手続きが終了していても、車の名義変更の完了が4月1日以降にずれこんでしまうと、その年度分の税金を支払わなければなりません。

その部分は、車買取業者に事前に確認を取っておきましょう。損しないためには、3月の初旬か中旬くらいには車の売却を完了しておきたいところですね。
ラベル:車買取 自動車税
posted by hamaちゃん at 15:10| 車買取 自動車税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする